基礎知識

ミネラルウォーターの軟水とは

ミネラルウォーターの軟水について

口当たりの柔らかい軟水は日本人の体にもっとも適した水です。和食の味を引き立たせるほか、体に負担がかからないので赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。

ミネラルウォーターで日本人に一番人気なのは軟水です。

ミネラル含有量が少ない軟水は日本人の口に合う

水は、ミネラル含有量の指標である硬度によって「軟水」「硬水」と分けられますが、日本で採水される水のほとんどは軟水です。

水道水もほとんど軟水であり、日本人の生活用水として飲料、炊事、洗濯などさまざまな場面で軟水が使われています。軟水の特徴は、含有するミネラル成分が少ないことです。

ミネラル成分が少ないということは、栄養がないということかと思われるかもしれませんが、軟水には軟水の良さがあります。

まず、ミネラルは多量に摂取すると消化器官に大きな負担をかけますが、軟水ではその心配がありません。

内臓疾患のある人や、臓器が未発達な赤ちゃんでも安心して飲むことができます。赤ちゃんの粉ミルクにミネラルウォーターを使う場合は、硬水は避け必ず軟水を選ぶようにしましょう。

素早く体内に吸収される軟水

また、体への吸収速度も速いので、効果的な水分補給に適しています。

激しい運動の後は、硬水より軟水を飲む方が体には良いです。体への吸収速度が速いということは、老廃物の排出を促進させる働きがあるということです。

角質を柔らかくする働きもあるので、乾燥肌や肌荒れなど肌にトラブルのある人は、軟水を飲むことで美肌効果が期待できます。

和食の微妙な味わいを引き出す軟水

軟水は飲むだけではなく、料理にも適しています。特に和食に使うことで、素材の風味やダシのうま味を引き出すのに役立ちます。

水に含まれるマグネシウムには独特の風味や香りがあり、料理によっては相性が良くないものもありますが、マグネシウムの含有量の少ない軟水ならば、料理だけでなく、お茶、コーヒー、紅茶もおいしく淹れることができます。

以上の理由で、日本のメーカーが販売するミネラルウォーターのほとんどは軟水です。

硬水にこだわりがあるのでなければ、ミネラルウォーターは軟水を選ぶ方が無難でしょう。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれのアラサー。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。