基礎知識

ウォーターサーバーにかかるレンタル料金を比較して選ぶ為に必要なポイント

天然水サーバーにかかるレンタル料金を比較して選ぶ為に必要なポイント

ウォーターサーバーを無料でレンタルできるメーカーでは、メンテナンス料など他の面で料金が発生する場合があります。レンタル料金だけでなくトータルの金額で判断しましょう。

ウォーターサーバーにかかるレンタル料金は名目が変わっている場合もあるから要注意

コストがかかる部分はレンタル料金だけではない

ウォーターサーバーのレンタル料金が無料というメーカーが増えてきたおかげで、一般家庭にウォーターサーバーが普及してきました。

ただし、レンタル料金の有無だけでどのメーカーと契約するかを決めるのは早いです。

ウォーターサーバーの導入には、さまざまな面で料金がかかる場合があります。

サーバーのメンテナンス料、ミネラルウォーターの値段、自宅までの配送料、消費ノルマ、解約金など総合的に判断して、各家庭のライフスタイルに合わせて、もっとも適切でお得だと思えるメーカーと契約しましょう。

レンタル料金の代わりにサービスがあるところも

サーバーのレンタル料金が無料なメーカーでは、年に1~2回のサーバーのメンテナンスに料金が発生する場合があります。

また、レンタル無料のようで、そのぶんの金額をミネラルウォーターの値段に上乗せしているだけのところもあります。もしくは、水の配送に費用がかかる場合もあります。

レンタル料金が必要なメーカーでは、月々およそ600~1000円のレンタル料金が平均的な金額になっています。

その代わり、サーバーのメンテナンスが無料であったり、水の値段が安かったりといった、他の面にかかるコストが抑えられていることがほとんどです。

つまり、レンタル料金の有無は、各メーカーの企業努力の方向性の違いを表しているのであって、一部の料金だけを比較して決めても必ずしもお得になるとは限らないのです。

契約前の確認は必須

レンタル料金無料などを謳うメーカーでは、メーカーの定めた規約から外れた場合、違約金が発生することもよくあります。

たとえば、月に一定数以上のボトルを消費できなければサーバーのレンタル料金が発生するところや、一定期間以上の契約を満たさずに解約した場合に違約金が発生するところなどです。

したがって、レンタル料金無料という言葉に飛びつく前に、契約前にトータルでかかるコストを確認することが重要です。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約ブロガー。節約・安い・お得という言葉に敏感。 元ウォーターサーバーメーカー勤務のフィナンシャルプランナー。FP3級の資格持ってます。家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。
結論!FPが選ぶなら、コスパが最も高いウォータースタンド一択!
ウォータースタンドが口コミサイトで人気の理由とは?水道水直結型ウォーターサーバーの月額料金や電気代、評判まとめ

ウォータースタンドは、宅配水を使った事がある人なら感じる「不便さを解消」した、次世代型のウォーターサーバーのサービスです。コスト、メンテナンス、デザイン等を総合的に判断したら、もう普通のウォーターサーバーには戻れない…って方が増えています。

やっとたどり着いた…。

FPが選ぶなら、ウォータースタンド一択ですね。

詳細ページ公式サイト