基礎知識

天然水ウォーターサーバーの衛生問題

衛生問題を検証

水を長期間保管するとなると衛生状態が気になりますが、天然水ウォーターサーバーに使用されるボトルは衛生面に十分配慮して作られているので、いつでも安全、安心の水が出てきます。

天然水ウォーターサーバーなら衛生問題に対応しているタイプがほとんど

水中に細菌が繁殖する理由

いくらおいしくて衛生的な水がいつでも飲めるといっても、天然水ウォーターサーバーの内部で細菌が繁殖するようでは意味がありません。

水を長期間置いておくと細菌が繁殖してしまいますが、それは、空気中に存在するカビや細菌が水の中に入り込むことが理由です。

そこで、天然水ウォーターサーバーは、ボトル内の水が外気に触れないようにさまざまな工夫がなされています。

天然水ウォーターサーバーで使用されるボトルには、ガロンタイプとワンウェイタイプがあり、それぞれ細菌の繁殖を防ぐ機能が備えられています。

空気を浄化するガロンタイプ

ガロンタイプのボトルは、ボトル内の水量が減っても、ボトルの形は変化しません。

つまり、水が少なくなるほど、ボトル内に入り込む空気が多くなるのですが、衛生面に優れたガロンタイプのボトルでは、中に入り込む空気が特殊なフィルターによって浄化されます。

つまり、空気を無菌化して取り込むので、水量が減っても細菌の繁殖を防ぐことができます。このフィルターは、空気清浄機にも使用されるほどの高性能なので、長期間にわたって使用しても安心です。

ボトル内を真空に保つワンウェイタイプ

一方のワンウェイタイプのボトルは、水を真空状態にして保存します。ボトル内の水量が減ると、ボトル自体の容積が小さくなり、水と空気を触れさせないようにします。また、ワンウェイタイプのボトルでは、無菌エアシステムという特許技術を使用しているものもあり、これはボトル内を真空状態に保つだけでなく、ボトルが設置されている天然水ウォーターサーバー内のタンクの中の空気を無菌化するという働きをも持っています。

このように衛生面に配慮されている天然水ウォーターサーバーのボトルですが、長期間使用しているうちに天然水サーバー自体が劣化や故障をする可能性もあります。

常に衛生的な状態を保つためには、定期的にメンテナンスをすることも大切です。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。