基礎知識

コスト重視で比較するならRO水よりも天然水ウォーターサーバーがおすすめ

コストを重視して選ぶのがオススメ

電気代やレンタル料など天然水ウォーターサーバーに必要なコストはさまざまですが、それでも天然水ウォーターサーバーの方が、ミネラルウォーターをお店で買うよりはるかに経済的です。

コストを重視して選んだ結果、天然水ウォーターサーバーが経済的だったって本当!?

天然水ウォーターサーバーに使用する水の費用

天然水ウォーターサーバーにかかるコストのうち、もっとも大きな割合を占めるのが水代です。

一般家庭で消費するミネラルウォーターは、12リットルボトル2本が平均的な量ですが、水の種類によって費用はまちまちで、安いものなら12リットル1000円以下で買えます。

つまり、もっともコストのかかる水の費用で、1カ月2000円以下に収まるのです。

一方、同じ量のミネラルウォーターをお店で買う場合、月に2400~3000円程度はかかります。

水の費用以外に必要な天然水ウォーターサーバーのコスト

水代以外にかかる天然水ウォーターサーバーのコストですが、宅配料金、サーバーのレンタル料、電気代、メンテナンス費用などがあります。

数え上げてみるとかなり費用がかかるイメージですが、実際はそれほどかさむわけではありません。

まず、天然水ウォーターサーバーのメーカーの多くが、水の配送を無料で行っています。

また、サーバーのレンタルについても、多くの業者が無料で提供してくれています。レンタル料がかかる業者の場合、そのぶん水の値段が安く抑えられているので、この点に関しても大きなコストとは言えないでしょう。

メンテナンスに関しても無料で行ってくれるところが多く、なかにはメンテナンスが不要な天然水サーバーもあるぐらいです。気になるのが電気代ですが、月々平均1000~1500円ぐらいで、電気ポットを使用した場合と比べても安いことがわかります。

さらに、省エネモードを搭載したタイプであれば、電気代が半分から3分の1程度に抑えられます。

トータルで見ると天然水ウォーターサーバーが断然お得

ミネラルウォーターをお店で買う場合も、かかるコストは水代だけではありません。

お湯を沸かすたびにかかるガス代や電気ポットの光熱費がありますし、冷蔵庫の開閉回数が増えるとそれだけ無駄な電気代がかかります。

それらを考慮に入れてトータルで見ると、天然水ウォーターサーバーの方が年間で1万円以上コストを削減できることになるのです。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。