ウォーターサーバーの基礎知識

天然水ウォーターサーバーにかかるコストで選ぶ

毎月かかるコストを比較して選ぶ

天然水ウォーターサーバーにかかるコストで選ぶ為には、水代、電気代、サーバーレンタル料、宅配料金を比較する必要があります。天然水ウォーターサーバーを選ぶ際は、トータルコストで判断しましょう。

天然水ウォーターサーバーをコストで選ぶために必要な知識は!?

水にかかる料金

天然水ウォーターサーバーを選ぶ際に、コストで選ぶという方法は、契約してから後悔しないためにも大切なポイントです。

たとえば、一般家庭で消費される飲料水は、4人家族であれば1カ月で12リットルボトル4本程度が平均的な量です。

業者によって設定価格はまちまちですが、RO水であれば12リットルで1000円以下、高級天然水であれば12リットルで3000円以上するものもあります。

ただ、平均的なコストを見ると、1カ月で6000~8000円当たりが相場になっています。

また、水にかかる料金として、自宅までの配送料がかかる業者があります。

配送料無料を謳う業者も増えていますが、一定のノルマ以上の注文数を満たさないと配送料がかかるところもあったり、一部の地域では無料配送に対応していなかったりと、有料になる場合も多いです。

サーバーレンタル料

サーバーを使用するのに、毎月600~1500円程度のレンタル料を支払うのが一般的です。

レンタル料無料を謳う業者も増えていますが、この場合、水の料金がそのぶん割高であったり、メンテナンスにお金がかかったりといったことがほとんどです。

天然水ウォーターサーバーにかかる電気代

冷水・温水が24時間いつでも出る天然水ウォーターサーバーは、水温を電力で管理しています。

そのためサーバーを稼働するのに電気代がかかります。

平均的な天然水ウォーターサーバーでは、月々1000~1500円の電気代になります。

省エネモードを搭載しているものであれば、通常より3分の1程度に抑えることも可能です。

天然水ウォーターサーバーの導入にはコストがかかるという印象を持つ人もいるかもしれませんが、お湯を沸かしたり冷蔵庫を開け閉めする回数が少なくなったり、光熱費の削減が期待できるので、トータルで考えると天然水ウォーターサーバーにかかるコストはそれほど高くありません。

天然水ウォーターサーバーを選ぶ時には、水代やレンタル料だけを比較して決めるのではなく、すべてのコストを総合的に判断して、もっともコストパフォーマンスに優れたものを選ぶようにしましょう。

そうすることで、天然水ウォーターサーバーを選んだ事に後悔することなく、おいしくて便利な天然水ウォーターサーバーを利用することができるようになります。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。