基礎知識

子育てにも硬度の低い天然水ウォーターサーバーが必要になってきた

子育てに必要

衛生的なお湯がいつでも使える天然水サーバーは、赤ちゃんのミルクを作る手間が省けます。ミルクを用意する負担を減らし、天然水サーバーで子育てを充実させましょう。

赤ちゃんの成長に合わせて、天然水サーバーを利用させれる方が増えているって本当!?

ミルク作りは手間のかかる作業

赤ちゃんのミルクを作る場合、水道水を使用するならば、一度煮沸してから適温に冷やすという手間が必要です。

塩素などの含有物に不安を感じて、赤ちゃんのミルクには水道水を使わないという人も増えていますが、市販のミネラルウォーターなら安心というわけでもありません。どんな不純物が入っているかわかりませんし、一般的な天然水では、赤ちゃんが消化することが難しいミネラルが豊富に入っています。

ところが、RO水(ピュアウォーター)を使用した天然水サーバーならば、そんな不安も解消できるうえ、毎回ミルクを作る負担からも解放してくれます。

赤ちゃんが飲んでも安心のRO水

RO水(ピュアウォーター)とは、水を特殊なフィルターを使ってろ過して精製します。通常のろ過処理では取り除けないような不純物が除去されるので、純水に極めて近い水になっています。

赤ちゃんの体には負担になるミネラルも取り除かれているので、安心してミルクを作るのに使えます。

育児の負担を軽減する天然水サーバー

適切な水と機器を選びさえすれば、天然水サーバーは、子育ての負担を軽減するのにたいへん役に立ちます。

今まではミルクの時間のたびに、水をいったん煮沸してから70℃前後に覚ます必要がありました。一日に何度もミルクを作るとなるとそれだけでもたいへんですが、天然水サーバーがあれば、いつでも80~90℃の衛生的な水がすぐに用意できます。

冷水も同時に出るので適温に冷ますのに手間がかかりません。また、自宅までボトルを配送してくれるので、赤ちゃん連れの買い物で重い荷物を一つ減らすことができます。

子どもが小さいうちは子育てにかかる負担はかなり大きなものですが、このように天然水サーバーがあるだけで、負担が軽くなり心に余裕を持つことができます。心に余裕ができたら子育てをますます充実させることができますから、これからの育児に天然水サーバーの存在は欠かせないでしょう。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。