家計節約テク

ウォーターサーバー料金の節約方法には何がある?

ウォーターサーバー料金の節約方法には何がある?

ウォーターサーバーの料金には、サーバーのレンタル料、メンテナンス代、水のボトル代の他に電気代がかかります。

サーバーレンタル料やメンテナンス代は無料のケースが多くなっています。

水をRO水に変えたり、省エネ機能を上手く使ったりすることで節約することができます。

ウォーターサーバーを設置するとどんな料金がかかるの?

電気代がかかる

ウォーターサーバーは電気で作動させますので、当然電気代がかかります。メーカーや機種等によって多少違いはありますが、目安として1か月に大体1,000円程度電気代がかかります。

初期費用やサーバーのレンタル料金がかかる

また、サーバーの自宅までの送料、事務手数料および月々のレンタル料金がかかります。

ただし、多くのウォーターサーバーの会社では、送料を含めサーバーが自宅に届くまでの初期費用は無料となっています。

なお、サーバーのレンタル料金が無料という場合もありますが、その代わり毎月注文する水の量に最低注文数というノルマが課せられます。

逆にサーバーのレンタル料金が発生する場合は水の注文数のノルマが課せられることはなく、好きな時に好きな量の水を注文できますが、全体的に見ると、ノルマ方式を選んでサーバーのレンタル料金を無料にするという人が多いという現状です。

なお、サーバーを購入するという場合は当然サーバー購入代金がかかります。

サーバーのメンテナンス料金も必要

また、サーバーのクリーニングや点検等、メンテナンス料金もかかる場合があります。

ただ
し、この料金が無料という業者も珍しくありません。

自分で掃除する方法について案内されることもありますし、自動的にクリーニングする機能を持つサーバーもあります。

水のボトル代が当然必要

ウォーターサーバーを使用するには当然水の代金が必要になってきます。例えばボトル の購入数にノルマがある場合、12リットルのボトルが月2本以上、または7.2リットルのボトルが月4本以上というケースが一般的で、大体月に4,000円から5,000円は水代として必要になります。

ノルマがない場合は、必要に応じて購入すればよいため、金額は人によって様々です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「ウォーターサーバー料金の節約方法には何がある?」について紹介しました。

ウォーターサーバーって結構、コストがかかったりと大変ですが、節約することを割高感は解消することができますよね。

是非、参考にしてくださいね。

ブログランキング参加してます♪

TOP10目指しています!
\是非、クリックお願いします!/

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ

 

 

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約ブロガー。節約・安い・お得という言葉に敏感。 元ウォーターサーバーメーカー勤務のフィナンシャルプランナー。FP3級の資格持ってます。家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。
結論!FPが選ぶなら、コスパが最も高いウォータースタンド一択!
ウォータースタンドが口コミサイトで人気の理由とは?水道水直結型ウォーターサーバーの月額料金や電気代、評判まとめ

ウォータースタンドは、宅配水を使った事がある人なら感じる「不便さを解消」した、次世代型のウォーターサーバーのサービスです。コスト、メンテナンス、デザイン等を総合的に判断したら、もう普通のウォーターサーバーには戻れない…って方が増えています。

やっとたどり着いた…。

FPが選ぶなら、ウォータースタンド一択ですね。

詳細ページ公式サイト