基礎知識

ウォーターサーバーはいるのかいらないのかを見極めよう

ウォーターサーバーはいるのかいらないのかを見極めよう

ウォーターサーバーを契約すると、すぐには解約できないって理由から、定期購入を戸惑うって事ありますよね。

だからと言って、いつまでも利用しないなんて勿体無い。

そんな時は、お試し利用するのもいいかもしれませんね。

ウォーターサーバーがいるかいらないかなど、利用について見極めてみましょう。

この記事は

  • ウォーターサーバーが必要かどうか悩んでいる方
  • ウォーターサーバーの契約を悩んでいる方

そんなあなたに向けて書いています。

ウォーターサーバーって本当にいるのかな?

ウォーターサーバーの特徴を知ろう

天然水やRO水などの水を飲料用として処理し、冷水や温水に保つことができる機器を指します。

よく使われているのは、「天然水」や「RO水」です。天然水は、特定の水源から採れた地下水を指し、ろ過や加熱殺菌を行い不純物を取り除いています。

天然のミネラルなどが含まれ、おいしいと評判ですよ。

一方、RO水は、水道水などの原水をRO膜といわれる専用フィルターで不純物を除去したものです。RO膜処理の工程の際、ミネラルなどまで取り除かれてしまうため、ミネラルなどを添加してつくられています。

安全性は、どちらも同じ。味にこだわる方は、天然水がぴったりです。しっかり不純物を取り除いた水がいいという方は、RO水がおすすめ。

しかし、水質にこだわらず、その他条件も考慮して検討することも大切ですね。

メリットについて

水は家庭でなくてはならないもの。しかし、水道水を口にする家庭は、少しずつ減少してる状況ですよね。

ウォーターサーバーのいいところは、塩素の残留や不純物混入などの心配がないところです。いつでも新鮮な純粋な水を楽しむことができ、大変便利です。さらに、冷水のほか、温水まですぐに飲むことができるので、忙しいときに最適です。

そのほか、災害時に備えることができるのがいいところ。災害時は、水道が止まることがあります。

水道が使えない状況でもストックとして利用できます。そして、水を買うにも重労働で負担がかかりますよね。

そんなとき、早急に対応することができ、暮らしに役立てることができますよ。

デメリットについて

どうしても機械を設置しなくてはならないため、置く場所に迷う方がいるようです。高さがあるため、収納する環境に向いていない場合もありますが、高さがない卓上タイプの機械もあります。

ご自宅の収納スペースによって選択する方法を選びましょう。さらに、長く機械を使用していると、掃除が必要になったり、点検が必要になってきます。

そのため、定期的にメンテナンスをしなければいけません。メンテナンスのほかには、機械のレンタル代や水の料金、電気代などの料金が発生します。このようなコストがかかることを前提に、自分の生活に合ったものを選ぶ必要があります。

もし、置き場所がない場合や経済的に負担がかかってしまう場合は、いらないという事を選択肢のひとつとして判断することも大切ですね。

必要性の有無

ウォーターサーバーは、家庭環境によってそれぞれメリットやデメリットがあります。しかし、最近では、衛生面を気にして導入する方が多いようです。水はとてもきれいな状態で安心して飲むことができるので、その部分については魅力的ですよね。

生活状況やコスト面を把握し、必要性があるのかないのかを見極めて使用を考えるようにすることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「」について紹介しました。

ウォーターサーバーって実際に使うまでは、本当に必要かどうかって悩んでしまいますよね。そんな時は、ウォーターサーバーのお試し利用を検討するのもおすすめです。

是非、参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約ブロガー。節約・安い・お得という言葉に敏感。 元ウォーターサーバーメーカー勤務のフィナンシャルプランナー。FP3級の資格持ってます。家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。
結論!FPが選ぶなら、コスパが最も高いウォータースタンド一択!
ウォータースタンドが口コミサイトで人気の理由とは?水道水直結型ウォーターサーバーの月額料金や電気代、評判まとめ

ウォータースタンドは、宅配水を使った事がある人なら感じる「不便さを解消」した、次世代型のウォーターサーバーのサービスです。コスト、メンテナンス、デザイン等を総合的に判断したら、もう普通のウォーターサーバーには戻れない…って方が増えています。

やっとたどり着いた…。

FPが選ぶなら、ウォータースタンド一択ですね。

詳細ページ公式サイト