ウォーターサーバーの基礎知識

天然水ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

電気代について

天然水ウォーターサーバーにかかる月々の平均的な電気代は約800円となっています。省エネモード機能を搭載したタイプならさらに安くなるので、電気ポットよりはるかにお得です。

電気代が高かったのは過去の話!現在ではエコ化が進んでいます。

天然水ウォーターサーバーの平均的な電気代

天然水ウォーターサーバーの導入に踏み切れない人のなかには、電気代がかかるのではないかという心配があるようです。

ところが、スタンダードな天然水ウォーターサーバーでは、ボトルの本数によって差はあるものの、月々にかかる平均的な電気代は1000円程度になっています。

電気ポットを毎日使用した場合、一般に月に1000円ほどの電気代がかかると言われています。

また、電気ケトルで1日に2回、500mlのお湯を沸かす場合、月に100円程度の電気代になるようですから、常時、冷水・温水が使える天然水ウォーターサーバーの方がお得感があります。

省エネモード機能でさらに節電

天然水ウォーターサーバーのなかには、電気代を節約できる省エネモードを搭載したものもあります。

この場合、月々にかかる電気代は、スタンダードなタイプに比べ、半分から3分の1程度にまで抑えることが可能です。つまり、天然水ウォーターサーバーを24時間稼働させても、月々にかかる電気代はたったの300~500円程度ということになります。

ただし、省エネモードを搭載したタイプは、スタンダードなものよりレンタル料が若干高くなります。しかし、その金額も400円程度ですから、トータルで考えても節約になるでしょう。

天然水ウォーターサーバーの導入でトータルの電気代が安くなることも

天然水ウォーターサーバーを導入することによって得られる利点は、24時間、冷水・温水が自由に使えるというだけではありません。

天然水ウォーターサーバーがなければ、冷たい水を保管するのに冷蔵庫を使いますが、水を取り出すたびに冷蔵庫を開け閉めしなければなりません。また、お湯を沸かす場合には、ガスコンロや電気コンロを使用する必要があります。

つまり、天然水ウォーターサーバーがあることで、それらにかかる光熱費がなくなるわけで、トータルで見ると毎月の電気代が前より安くなるという場合もあるのです。

総合的に考えると、天然水ウォーターサーバーがかなりリーズナブルなことがわかります。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。