基礎知識

天然水ウォーターサーバーのデメリット

天然水サーバーのデメリット

天然水ウォーターサーバーは設置するスペースが必要です。一人暮らしの場合など、置き場所に困るというデメリットもあり得ます。また、まれに水漏れが発生することにも注意が必要です。

天然水ウォーターサーバーのデメリットを考慮してメーカーを選ぶならどうすればいいの!?

天然水ウォーターサーバーを設置するにはある程度のスペースが必要

衛生的な水がいつでも飲めて、ペットボトル入りのミネラルウォーターより経済的ということで、一般家庭にも普及してきた天然水サーバーですが、設置の前に気を付けておかなければならないことがあります。

それは、天然水ウォーターサーバーを設置するためのある程度のスペースと、電源供給のためのコンセントが必要であることです。

家庭用の天然水ウォーターサーバーは業務用と違って省スペースとなっていますが、それでも50cm四方のスペースは必要です。

一人暮らしの方などキッチンのスペースが限られている場合は、あらかじめサイズとコンセントの位置を確かめておきましょう。

使用頻度によっては割高になる場合も

上記のことと関連して、一人暮らしの人など、天然水ウォーターサーバーを設置しても、定期宅配される水を使いきれない場合もあります。

費用が安いと言っても、使用頻度が低いと割高になる可能性もあるので、設置する前にスペースとともに使用量についても考えましょう。

水漏れの危険性

複雑な構造の電化製品と比べると、天然水ウォーターサーバーの構造はシンプルですので、不具合が発生する頻度は少ないです。

しかし、誤った使用法や経年劣化などにより、まれに水漏れが発生することがあります。天然水サーバーは衝撃にはあまり強くないので、小さい子どものいる家庭ではぶつけたりしないように注意が必要です。

衝撃が加わると、サーバー内部の配管やジョイント部に亀裂が入る可能性もあります。また、ボトルのセットの仕方が誤っている場合や、室温が0度以下になるような環境での使用も、内部構造にダメージを与えます。

そうなると、亀裂から水が漏れてくることも考えられるので、取り扱いには気を付けましょう。万一、水漏れなどの不具合が起こった場合は、どのように対応してくれるのか、事前に業者に確認しておくことも大切です。

ABOUT ME
ふみちゃん
ふみちゃん
節約・安い・お得という言葉に敏感。京都府生まれの30代。 お仕事は専業主婦。特技は、お財布に優しい節約術。一応フィナンシャルプランナーの資格持ってます。 ウォーターサーバーってお水の代金だけじゃないから少し割高になってしまいますよね?MIZUちゃんねるでは、家計に優しいウォーターサーバーの見直し・乗り換え術を紹介していきます。